G-EPYCC7XFQ4

【Zhik P3 PFD】セーリング・ディンギー用ライフジャケットレビュー

セーリング・ディンギーの必需品「ライフジャケット」

実店舗で売られていることはほとんどないので、ネットで購入する人が多いですが、

サイズ感や仕様など細かいことがわからないですよね?

今回は人気セーリングギアメーカーZhik(ザイク)の【Zhik P3 PFD】を使用したレビューをご紹介!

・Zhik P3 PFDの購入を考えている
・おすすめのセーリング・ディンギー用ライフジャケットが知りたい
・旧モデルとの違いを知りたい
・Zhik P3 PFDの細かい仕様が知りたい

created by Rinker
¥15,400(2024/03/04 12:51:53時点 楽天市場調べ-詳細)

旧モデルP1とP3の違い

旧モデルP1をすでにお使いの人も多いかと思いますが、

P1とP3比べてみて大きな仕様変更はないと感じました。

その中で変わったポイントは、

  • 全体の素材
  • デザイン
  • フロントポケットが大きくなった

この3つは大きく変わったポイントでした。

素材は旧素材と比べると艶があり、速乾性が増したように感じます。

全体的に旧モデルの良いところを残したまま、バージョンアップしたという印象です。

【Zhik P3 PFD】のカラーラインナップ

カラーは

・ブラック ・ブルー ・グレー ・レッド

4色発売されています。

【Zhik P3 PFD】の特徴

特徴1,ネオプレン肩ストラップ

ネオプレン素材が肩ストラップに採用されています。

柔軟性、伸縮性、撥水性が特徴のネオプレン素材は肌触りが良く、ライフジャケットを着用していても動きやすいです。

ネオプレン素材とは?
合成ゴム素材で強度があり、
柔軟性、伸縮性、撥水性に加え耐熱性や耐寒性にも優れているため、ウェットスーツの素材としも使われています。

特徴2,サイドエントリージッパー

サイドは脱着しやすいサイドエントリージッパーになっています。

ジッパーエンドにはマジックテープが付いているので、使用中ジッパーが開いてしまう心配がありません。

特徴3,大型バックル

使いやすい大型バックルで容易にがっちり締め付けが可能です。

特徴4,ずり上がり防止ラバー

腰回りにずり上がり防止のラバーがあり、

レース中のライフジャケットのずり上がりを防止できます。

ラバー生地がしっかりしていて、体との一体感があります。

特徴5,フロントポケット

手のひらがすっぽり入るほどの大型のフロントポケット。

スマホや貴重品なども容易に入るのでとても重宝します。

特徴6,滑らかなフォルムとレーシングカット

ハーネスの邪魔にならない長さと、引っ掛かりの少ないシンプルでなめらかなフォルム。

首元が大きく開いているので非常に動きやすいです。

【Zhik P3 PFD】のサイズ

サイズ胸(cm)体重(kg)
XXXS60-8030-40
XXS80-8530-40
XS85-9035-45
S90-9540-60
M95-10560-70
L105-11570以上
XL115-12570以上

サイズはユニセックスとなっており、

最も小さいサイズはXXXSまであるので子供から大人まで幅広い世代で使用可能です。

身長168cm,体重60kgの私は、Mサイズがジャストサイズでした。

【Zhik P3 PFD】の規格

Zhik P3 PFDの規格はISO-12402-5承認取得しています。

ISOは国際標準化機構という非政府機関で12402-5という項目は個人用浮揚用具(ライフジャケット)の国際基準を規定しています。

国土交通省認定(桜マーク入)ではないので、
小型船舶、特殊小型船舶では使用できません。

まとめ

前モデルZhik P1 PFDもとても人気のライフジャケットでしたが、

P3にモデルチェンジしてフロントの大きなポケットや、サイドジッパーなどの機能は継承しつつ、

より動きやすく、使いやすいライフジャケットになったと実感しました。

created by Rinker
¥15,400(2024/03/04 12:51:53時点 楽天市場調べ-詳細)
また、カヌーやSUPのライフジャケットとしても非常に使い勝手の良いライフジャケットなのでおすすめです。
以上、『【Zhik P3 PFD】セーリング・ディンギー用ライフジャケットレビュー』でした。
最新情報をチェックしよう!